きれいなバナー=(イコール)クリックされるバナーではない

デザインがステキなバナー、かっこいいバナー、
今風のおしゃれなバナーが沢山クリックされるとは限りません。
イコールではないのです。

例外もありますが、バナーの目的は『いかに多くの人にクリックされるか。』
(いかにそのサービス(商品)に興味のある人にクリックしてもらえるかです。)
まずバナーを作る時に、この基本を忘れずに。

バナー依頼をするときに、どんなデザインにしようかとバナーデザイン集を眺めていて、
今時の洗練されたオシャレなかっこいいバナーをみて、かっこいいからうちのバナーもこんな風に…
と安易に考えるのは良くありませんね。

かっこよくてオシャレな今風バナー。
だけど肝心なことを伝えられていない、サービス(商品)に全く合っていない。では意味がありません。

自社のサービス(商品)を最大限に伝えらるにはどんなデザインが合うだろうか。を考えてみてください。
そうするとだんだんと合うイメージ、色、雰囲気などが見えてくるはずです。

洗練された無機質なデザインではなく、その商品の良さが伝わる暖かみのあるデザインのほうが
合っているかもしれません。

おしゃれなかごに野菜がにまとまっている写真より、
みずみずしい新鮮さがあふれているドアップの写真のほうが良いかもしれません。

バナーを作成もしくは依頼するときに、第一にバナーの目的をはっきりさせて、
その目的を達成するためには、どんな色味が良いだろうか。どんな人がクリックしてくれるだろうか。
どんな雰囲気がいいだろうか。ということをまずは考えてみるといいかもしれません。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>