バナーを外部に依頼する時、どのように頼めば良いかわからないという方もいると思います。特に初めて依頼する時は、自分の希望を上手く伝えられるか…何を準備したら良いか…素材はどこで探したら良いか…など、わからないことや不安なことありませんか?

せっかくプロに頼むのだから希望通りの満足のいく仕上がりになって欲しいですよね。今回は外部に依頼する際のバナーの上手な依頼方法ついて書きたいと思います。作る側(デザイナー)としては、こんな風に依頼してもらえるととてもありがたいです!

今回はダミーの化粧品「オールインワンクリーム」のバナーを依頼するという例で、バナー依頼に必要なものを一つずつ細かくみていきたいと思います。

1.バナーのサイズ

まずは作りたいバナーのサイズです。バナーのサイズは幅◯ピクセル(px)×高さ◯ ピクセル(px)単位で伝えます。バナーのサイズがpixel単位でわからない場合、例えば、「サイトの今このバナーがある部分に差し替えでバナーを作りたいんだよね。」や、「(サイト上の)この部分に入るバナーが作りたいんだよね。」といったアバウトな感じで正確なピクセル数がわからない場合は、簡単にサイズを測る方法がありますので、下の記事を参考にしてみてください。

パッと簡単にバナー画像のサイズを調べる方法別ウインドウリンク

幅、高さの記入も忘れないように記載しましょう。

例)幅300px × 高250px

 

※バナラボではもしサイズがわからない、調べてほしいなどの際はこちらでお調べいたします!

2.バナー内に掲載する文言

次に、バナーに載せるキャッチコピーやテキスト要素です。まず掲載する全ての文言をリストアップします。その後に、その文言のサイズの大小(強弱)も伝えましょう。

どんな文言にするか

これはバナーを作る上で非常に重要な要素です。バナーは小さい限られたスペースで表現しないといけないので一つ一つの要素が非常に重要になってきます。あれもこれも伝えたい、これも載せたいとなり最終的に文字数が多くなってしまうのはNGです。ごちゃごちゃして読みづらく、結局何を伝えたいかわからないバナーになってしまいます。そもそも小さいスペースで多くの文字がある時点で、読んではもらいにくくなってしまいます。

限られたスペース内でいかに引き付けるキャッチコピーを考える事が必要です。思わず興味を引くような、クリックしたくなるような文言を考えてみて下さい。

例)

上から目立たせたい順
大   メインキャッチ:もっちりハリツヤ肌
↓     サブキャッチ:24h潤い持続、これ1本でok
小  オールインワンクリーム(商品名)

販売価格3,000円税込→お試し980円税込
詳しくはこちら(ボタン)

 

※バナラボでは、キャッチコピー候補が複数あって迷って決められない場合は全てお送りいただいて構いません。こちらで他とのバランスを見たりしながら選定させていただきます。

3.バナー内に掲載する画像

ロゴや商品の画像、イメージ画像 等

ロゴ画像

ロゴを掲載する場合はロゴ画像を準備します。イラストレーターのaiデータや、トリミングされている(背景が切り抜いてある)ものがベストですが、ない場合はpngやjpgデータ等でも構いません。背景は白もしくは単色のものが良いです。ロゴのレギュレーションがある場合はそちらも一緒に送ってくださいね。

その他の掲載画像

商品画像やイメージ画像などです。画像のサイズはバナーサイズより大きいサイズを準備します。実際に表示させるサイズより小さいと、画像がギザギザに荒くなってしまうのでNGです。背景のトリミングは大抵はデザイナー側が行うためトリミング(切り抜き)してなくても構いません。

商品画像は大抵のお客様は商品写真のデータを持っているので良いのですが、問題は手持ちに素材画像がない場合です。その場合は、イメージ写真やイラスト素材を素材サイトなどで探すことになります。

イメージ素材の探し方

今回は2つの素材写真を素材サイトで探したいとおもいます。
1枚目:みずみずしい潤いのイメージ→しずくか水の波紋の写真
2枚目:20代〜30代の女性の笑顔のバストアップ写真 スキンケアしている、頬に手を当てている 等

無料素材サイトで探す

[写真AC] https://www.photo-ac.com/別ウインドウリンク
[イラストAC] https://www.ac-illust.com/別ウインドウリンク

有料素材サイトで探す

PIXTAピクスタ https://pixta.jp/別ウインドウリンク

他にも素材サイトは沢山ありますので検索してみてください。
※必ず各サイト毎に利用規約や使用可能範囲等を確認しましょう。

※バナラボでは自分で素材を探すのが難しい場合は、希望のイメージの詳細をお伝えいただければ代わりに探すことも可能です。有料素材ご希望の場合は別途素材代がかかります。

写真の見せ方などに指示がある場合はそれも一緒に伝えます。

例)

image1.jpg……メイン画像、一番大きく(商品写真)
image2.jpg……サブ画像(女性の写真)
image3.jpg……背景(水の波紋の写真)
logo.png………ロゴ 四隅に掲載

 

これで、バナーの要素であるテキスト文言と画像素材は準備できました。

次に、

4.デザインのイメージを伝える

です。ここが希望のイメージに仕上がるかどうかの重要なポイントとなってきます。

デザインの参考URL

ご希望のイメージに近い参考デザインがあればURL等で伝えます。
参考画像は、どんな感じのデザインにしたいかビジュアルで伝えるためにとても有効です。作る側としても参考サイトがあるとイメージが伝わりやすいので、より希望のイメージにそったデザインがしやすいです。是非参考バナーを探して伝えてください。

バナーデザインの参考サイトはネット上にいくつもありますので、その中から探すのもお勧めです。

バナーデザインの参考サイト集めました別ウインドウリンク

デザインの雰囲気/イメージカラー

参考URLに加え、デザインの雰囲気やイメージがカラーがあれば文章で伝えます。
希望があればできるだけ詳細に伝えるようにしましょう。

例)

デザインの雰囲気・・・・・・みずみずしくうるいおを連想するイメージ
カラー・・・・白をベース さわやかなブルー系を入れる(白×ブルー)

その他レイアウトの指示

レイアウトはデザイナーにお任せ。という場合も多いですが、もしレイアウトの指示など細かい希望がある場合はそれも併せて伝えます。レイアウトは文章だと伝えにくいので、図や手書きで書いてスキャンしたものを送ると良いと思います。

5.その他のバナー情報

ターゲット層

今回のバナーのターゲット層を伝えます。

例)

20代後半~30代の女性

 

今回は、20代~30代の女性といった年代と性別だけのざっくりとした幅広いターゲットですが、例えばこのオールインワンクリームが980円ではなく高額クリームの場合、「美容の為なら価格が高くても惜しまない30代以上の女性。高級志向でワンランク上を目指す女性」などといったようにターゲットを細かく絞り込むことができます。

ターゲットが「20代後半~30代の女性」と「高級志向でワンランク上を目指す30代以上の女性」では、デザインのテイストもガラッと変わってくるのでターゲット情報は重要になります。

バナーの訴求内容

「このバナーが伝えたいこと!」になります。この軸がずれるとデザインが変わってきます。
例えば、①「3,000円が今だけお試し980円!」になることを一番強調したいのか、それとも②「1本で4役カバーできてコスパ!」なのか、または③「1本で24hうるおう」の効果の部分が一番伝えたいのか….どれも伝えたいことには変わりないのですが、前にも書きましたがあれもこれも伝えたい載せたいでは文字数が多くなってしまい、結果、見づらい→読まれない→伝わらない→効果がないバナーになってしまいます。

何を一番伝えたいかです。もし①が一番訴求したい点だとすれば「3,000円が今だけお試し980円!」が目立つようにデザインしますし、②が一番訴求したい点だとすれば「1本で4役カバーできてコスパ!」を強調するデザインになるようにします。

デザイナーは訴求内容を確認して、上手く伝わるように強弱バランスを考えてデザインするため、訴求したいことが複数かある場合は優先順位も合せて伝えるようにしましょう。

例)

1番訴求したい点→もっちりハリツヤ肌になれる(効果)
次に訴求したい点→(これ1本で化粧水、乳液、美容液、クリームの)4役がカバーできる点。24h潤いが持続すること
3番目に訴求したい点→価格がかなりプライスダウンしている

使用目的

・google広告用(gdnバナー)
・Yahoo!広告用バナー(ydnバナー)
・サイト内で使用
・ECサイト内での使用
・Facebook広告用…

などバナーの使用目的です。
広告バナーの場合仕様も伝えます。

例)

Google AdWordsディスプレイネットワーク(gdnバナー)
150kb以内
ファイル形式( GIF、JPG、PNG)

掲載ページURL/リンク先URL

サイト内で使用する場合、周囲のデザインの確認のために掲載元のページと、リンク先のページのURLも伝えてください。掲載するページを知らずにバナーを作ると、バナーを実際にページに張り付けた際に周囲と合わずにやたらと浮いてしまったり、逆に他のバナーが目立っていた為埋もれてしまい全然目立たなくなってしまったり・・・それを避けるためにもページ全体のバランスを見るために必要です。

またリンク先のページのURLもバナーのデザインとリンク先のデザインを合わせたるために必要です。バナーをクリックしたら、内容は同じだけど、全然違うテイストのデザインのページに飛んだら…ユーザーはとまどいや違和感を感じるかもしれません。バナーの内容とリンク先の内容がずれていてないかも確認できます。


 

いかがでしたでしょうか。バナー1つ依頼するにも準備するものが多くて大変だな…と思われたでしょうか。時間がないから全部プロにお任せしたいのに・・・と思われるでしょうか。

「デザインはプロであるデザイナーに全て任せたい。」と思っている場合でも、そのバナーで最も伝えたいことや、商品の特徴、ターゲットなどの情報についてはデザイナーにはそこまではわかりません。

バナーはクリックされる為に作るのであり、見てもらいたいページの「入り口」となる重要なエリアです。より効果的なバナーを作るためにはできるだけ詳細に伝えるようにしましょう。

まとめ

上に書いたバナーの依頼情報をまとめます。

1.バナーのサイズ
幅300px × 高250px

2.バナー内に掲載する文言
上から目立たせたい順
大   メインキャッチ:もっちりハリツヤ肌
↓     サブキャッチ:24h潤い持続、これ1本でok
小  オールインワンクリーム(商品名)
販売価格3,000円税込→お試し980円税込
詳しくはこちら(ボタン)

3.バナー内に掲載する画像
image1.jpg……メイン画像、一番大きく(商品写真)
image2.jpg……サブ画像(女性の写真)
image3.jpg……背景(水の波紋の写真)
logo.png………ロゴ 四隅に掲載

4.デザインのイメージを伝える
・デザインの参考URL
http://nonamedesign.info/banner/?p=1349
http://nonamedesign.info/banner/?p=1385

・デザインの雰囲気/イメージカラー
デザインの雰囲気・・・・・・みずみずしくうるいおを連想するイメージ
カラー・・・・・・・白をベース さわやかなブルー系を入れる(白×ブルー)

5.その他のバナー情報
・ターゲット層
20代後半~30代の女性

・バナーの訴求内容
1番訴求したい点→もっちりハリツヤ肌になれる(効果)
次に訴求したい点→(これ1本で化粧水、乳液、美容液、クリームの)4役がカバーできる点。24h潤いが持続すること
3番目に訴求したい点→価格がかなりプライスダウンしている

・使用目的
google広告用(gdnバナー)
150kb以内
ファイル形式( GIF、JPG、PNG)

・リンク先URL
http://www.〇〇〇〇〇.jp/〇〇〇〇.html

 

是非バナーを依頼する際の参考にしていただけると幸いです。

バナラボでは、バナーの準備に迷われた場合はお気軽にご相談ください。
良いバナーができるように一緒に考えていきましょう。