LINE広告バナーサイズまとめ【2020年版最新】

LINE広告(旧LINE Ads Platform) は、オンラインで手軽に申し込みができ、少額からの出稿も可能になった為、参入企業も増えています。

幅広い年齢層に利用されており、細かいターゲティング設定ができ、 他媒体ではリーチが難しいユーザー層へのアプローチも可能なため、注目されているSNS広告です。

この記事では、LINE広告(旧LINE Ads Platform)用のクリエイティブを制作するときに最低限必要な情報を、要点だけを抑えて簡潔にまとめました。

※LINE広告のクリエイティブには、大きく分けて動画と静止画がありますが、
今回は静止画のみに絞って記載しています。

クリエイティブのサイズ

静止画では2つのサイズ

  • Card(カード) 1200x628px
  • Square(スクエア) 1080x1080px

広告配信面

サイズ/広告配信面
Smart
Channel
タイム
ライン
LINE
NEWS
LINE
マンガ
LINE
Blog
LINE
ポイント
LINE
ショッピング
Card(横長)
1200×628
Square(正方形)
1080×1080

※2019年8月にはLINE本体アプリだけでなく、「LINE広告ネットワーク(旧:LINE Ads Platform for Publishers) 」と呼ばれる、 LINE独自の広告ネ ネットワークにも広告配信が可能となりました。今後もLINEのサービス拡大に伴って広告配信対象枠は増えていくと思われます。

ファイル形式

  • jpg
  • png

容量サイズ

5MB以内

必須項目

主体者の表記

広告の主体者の明示常に広告の主体を明示し、画像の場合は視認可能な大きさで表示。

テキスト20%ルールあり

文字の割合を画像全体の20%以内に収める ( ロゴはテキスト対象外

※画像を5×5で25マスで分割し、5マス以内であれば掲載可能
※画像には、テキストを含まないデザインが推奨されています。

効果的なLINE広告クリエイティブにの制作ついては
こちらの記事に書いています。
LINE広告効果的なクリエイティブとは【静止画編】

LINE広告バナー
LINE広告バナーの制作を承っております。大手企業様もご利用いただいております!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*