バナーサイズ

LINE広告バナーサイズまとめ【2020年版最新】

LINE広告(旧LINE Ads Platform) は、オンラインで手軽に申し込みができ、少額からの出稿も可能になった為、参入企業も増えています。

幅広い年齢層に利用されており、細かいターゲティング設定ができ、 他媒体ではリーチが難しいユーザー層へのアプローチも可能なため、注目されているSNS広告です。

この記事では、LINE広告(旧LINE Ads Platform)用のクリエイティブを制作するときに最低限必要な情報を、要点だけを抑えて簡潔にまとめました。

※LINE広告のクリエイティブには、大きく分けて動画と静止画がありますが、
今回は静止画のみに絞って記載しています。

クリエイティブのサイズ

静止画では2つのサイズ

  • Card(カード) 1200x628px
  • Square(スクエア) 1080x1080px

広告配信面

サイズ/広告配信面
Smart
Channel
タイム
ライン
LINE
NEWS
LINE
マンガ
LINE
Blog
LINE
ポイント
LINE
ショッピング
Card(横長)
1200×628
Square(正方形)
1080×1080

※2019年8月にはLINE本体アプリだけでなく、「LINE広告ネットワーク(旧:LINE Ads Platform for Publishers) 」と呼ばれる、 LINE独自の広告ネ ネットワークにも広告配信が可能となりました。今後もLINEのサービス拡大に伴って広告配信対象枠は増えていくと思われます。

ファイル形式

  • jpg
  • png

容量サイズ

5MB以内

必須項目

主体者の表記

広告の主体者の明示常に広告の主体を明示し、画像の場合は視認可能な大きさで表示。

テキスト20%ルールあり

文字の割合を画像全体の20%以内に収める ( ロゴはテキスト対象外

※画像を5×5で25マスで分割し、5マス以内であれば掲載可能
※画像には、テキストを含まないデザインが推奨されています。

効果的なLINE広告クリエイティブにの制作ついては
こちらの記事に書いています。
LINE広告効果的なクリエイティブとは【静止画編】

LINE広告バナー
LINE広告バナーの制作を承っております。大手企業様もご利用いただいております!

YDNバナーサイズまとめ【2020年版最新】

gdnバナーサイズ

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のバナー制作について、要点を抑えて簡潔にまとめました。

YDN広告バナーサイズ

※横×縦/ピクセルサイズ

サイズ
PC SP
600×500(PC/SP)★
300×250(PC/SP)★
468×60(PC)★  
728×90(PC)★  
160×600(PC)★  
640×200 (SP)★  
320×100 (SP)★  
640×100 (SP)★  
320×50(SP)★  

おすすめのYDNサイズ

はおすすめのサイズです。 ※バナラボのYDN9点セットは★のサイズです。

特に600×500は準備した方がよいといわれています。
600×500と300×250は同じ比率のため、先に大きいサイズの600×500を作成するのがおすすめです。それを縮小するだけで簡単に300×250が作成できます。

同じ比率の画像

下記のサイズは
同じ比率で2倍サイズ
にあたります。

2倍のサイズ
300×250→600×500
320×100→640×100
320×50→640×200

この2種類のサイズの画像が入稿可能になったことにより、デバイスによって発生していた余白を解消し、多様化するデバイスサイズにあわせて画像を伸縮表示します。

※2倍サイズの画像を入稿した場合は、従来サイズの画像を削除することをおすすめします。

 

バナー容量

  • バナー広告:3MBまで
    ※ファイルサイズが150KBを超える場合、入稿時に圧縮される為150KBまでがおすすめ

拡張子(形式)

  • JPEG(.jpg / .jpeg)
  • PNG(.png)
  • GIF 89a(.gif)

YDNレスポンシブ広告

  • 1200×628  (PC、タブレット、スマートフォン)
  • 300×300  (PC、タブレット、スマートフォン) 
  • ロゴ 180×180 ※任意。入稿の際は、透過背景禁止、画像の枠線禁止、角丸禁止

バナー容量

レスポンシブ広告:1200×628 3MBまで300×300 3MBまで
ロゴ:3MBまで

レスポンシブディスプレイ広告における注意点

  • 掲載面に応じて画像の両端がトリミングされる場合がある為(各辺最大15%)
    必要な要素はその中に収めるようにする
  • 文字の割合を画像全体の20%以内に収めるテキスト20%ルールはなし

トリミング確認ツール

レイアウトを最適化するために、自動的にトリミングされる場合があります。
トリミングの影響を受けても、必要な文字などがきちんと表示されるように、バナー作成の際にトリミングの範囲を意識して制作しましょう。

以下のツールを使って入稿前に事前にどのように表示されるか確認できます。

レスポンシブのテンプレート広告に使用する画像の表示を確認できます。
画像表示シミュレーター

スマートフォンで画像広告を表示した際のイメージを確認できます。
画像広告のスマートフォン表示シミュレーター

バナー内必須要素

  • 主体者表記

会社名、ブランド名、商品名、サービス名のいずれかを入力

バナーデザインにお困りの際は…

バナラボは、実績10年以上のベテランデザイナーが、バナーを作成いたします。YDNバナー制作にお困りの際は是非ご相談ください。

ydnバナー作成

GDNバナーサイズまとめ【2020年版最新】

gdnバナーサイズ

Googleディスプレイ広告のバナー制作について、要点を抑えて簡潔にまとめました。

GDNディスプレイ広告バナーサイズ

※横×縦/ピクセルサイズ

サイズ
PC SP
300×250(PC/SP)★
336×280(PC)★
728×90(PC)★
160×600(PC)★
468×60(PC)★
320×50(SP)★
320×100(SP)★
250×250(PC/SP)
200×200(PC/SP)
240×400
250×360
580×400
120×600
300×600
300×1050
930×180
970×90
970×250
980×120
300×50

おすすめのGDNサイズ

はおすすめのサイズです。
※バナラボGDN7点セットは★のサイズです。

特に336×280は準備した方がよいといわれています。
336×280と300×250は同じ比率のため、先に大きいサイズの336×280を作成するのがおすすめです。それを縮小するだけで簡単に300×250が作成できます。

バナー容量

  • 150KBまで

拡張子(形式)

  • JPG
  • PNG
  • GIF

GDNレスポンシブディスプレイ広告

  • 1200×628
  • 300×300
  • ロゴ 180×180でOK(推奨1200×1200)
    ※ロゴは省略可

バナー容量

レスポンシブディスプレイ広告:5MBまで

レスポンシブディスプレイ広告における注意点

  • テキスト20%ルールあり
    文字の割合を画像全体の20%以内に収める(テキスト付きのロゴを含む)
  • 掲載面に応じて画像の両端がトリミングされる場合がある為(各辺最大5%)
    必要な要素はその中に収めるようにする

テキスト20%確認ツール

facebookテキストオーバーレイツール:
https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

こちらのツールを使って、20%以内に収まっているかどうか確認できます。

バナー内必須要素

  • 主体者の明示

会社名、ブランド名、サービス名、商品名のいずれか
ロゴなどがない場合は「提供:〇〇」と画像内に記載してもOKです。
この記載がないと入稿時の審査を通りません。

バナーデザインにお困りの際は…

バナラボは、実績10年以上のベテランデザイナーが、バナーを作成いたします。GDNバナー作成にお困りの際は是非ご相談ください。

link_gdn0

パッと簡単にバナー画像のサイズを調べる方法

ブラウザ上の画像のサイズを測れる便利なアドオンはいくつも存在しますが、以下の方法で、アドオンをインストールしなくても簡単にブラウザ上の画像のサイズを調べることができます。

WEB上の画像のサイズの調べ方

webブラウザ毎に方法が異なりますので、ブラウザ別に説明してきます。

Firefoxの場合(簡単)

1、調べたい画像ファイルの上で右クリック→「画像の情報を表示」をクリック
2、画像サイズが表示されます

Firefox画像サイズの調べ方

IEの場合(簡単)

1、調べたい画像ファイルの上で右クリック→「プロパティ」をクリック
2、画像サイズが表示されます

IE画像サイズの調べ方

Google Chormeの場合

1、調べたい画像ファイルの上で右クリック→「検証」をクリック

クローム画像サイズのはかり方

2、「Elements」タブに画像のソースが青く表示されます。

③の「width=”800″ height=”320″」とあるのが画像の元のサイズです。

②の数値が表示サイズです。
注意が必要なのは、レスポンシブサイトの場合は②の数値がブラウザの大きさによって変わってきてしまうということです。

ここの数値は今実際に表示されている画像のサイズということなりますので注意してください。

クローム画像サイズのはかり方

 

「Elements」のソースに「width=”” height=””」がない場合もあります。(その場合でも図②は表示されています。)
元の画像サイズを調べるには画像を保存してサイズを調べます。

Chormeは画像を右クリックで保存ができない

そこで、下記の方法で画像を保存します。

1、調べたい画像ファイルの上で右クリック→「検証」をクリック
2、今度は先ほどの「Elements」の横並びにある①「Application」タブを見ます。

すると②「Frames」のImages に Web ページで読み込まれている画像が全部一覧で表示されています。その中から該当の画像を見つけると右に表示されるので、右クリックで③[Save]します。

ローカルの適当なところに保存したら、続きは下の「パソコン上の画像のサイズのはかり方」をみてください↓

クローム画像サイズのはかり方

Safariの場合(簡単)

1、調べたい画像ファイルの上で右クリック→「イメージを別名で保存」をクリック
2、ローカルの適当なところに保存したら、続きは下の「パソコン上の画像のサイズのはかり方」をみてください↓

Safari画像の保存

 

パソコン上の画像のサイズのはかり方

1、計りたい画像ファイルの上で右クリック
2、windows「プロパティ」、Mac「情報を見る」をクリック
3、windowsは「詳細」又は「概要」タブをクリック
イメージのところに画像サイズが表示されています。

PC上の画像のサイズ

以上、簡単に画像のサイズを調べる方法でした。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク YDNバナーのサイズ【2017年最新】

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)広告用のバナーのサイズです。
【2017年10月時点最新情報】バナーを準備する前の参考にどうぞ!

ディスプレイ広告バナーのサイズ

PC/タブレット

300×250/600×500(※新サイズ2017年7月より)
468×60
728×90
160×600

スマートフォン

300×250/600×500(※新サイズ2017年7月より)
320×100/640×200(※新サイズ2017年7月より)
320×50/640×100(※新サイズ2017年7月より)

最大サイズ

150 KB
※バナー1点150KB以下にしましょう。

ファイル形式

広告フォーマット .jpg .jpeg .gif .png

「600×500」「640×200」「640×100」ピクセルサイズの画像は2017年7月より配信開始になった新しい画像サイズです。それぞれ、従来の「300×250」「320×100」「320×50」ピクセルサイズの2倍サイズになります。

従来のサイズの画像と、2倍サイズの画像の両方を入稿している場合は、どちらかのサイズの画像をランダムに表示するためデバイスによっては意図した通りに表示されない可能性もあるので2倍サイズの画像を入稿した場合は、従来サイズの画像を削除するようにしましょう。

 

ということで、yahoo広告のバナーのサイズは6種類作ればよいと言う事になります。(インフィード広告やレスポンシブ広告を除く)

実際のサイズはこちらです。※画像はPCで見た際の実寸です。

bnr_yahoo1

バナーサイズ_yahoo2

スマホ専用
bnr_yahoo3

yahooのバナー広告のサイズの種類は現在6種類です。
今後変更になる可能性もあるので、その際は随時最新に更新していきます。

バナラボでは、広告用バナーもお得なセット制作していますので、もしバナーの外部依頼をお考えの際にはご検討下さい。
yahoo広告用バナー(YDN)のバナー制作はこちら