バナー デザイン

GDNバナーサイズまとめ【2020年版最新】

gdnバナーサイズ

Googleディスプレイ広告のバナー制作について、要点を抑えて簡潔にまとめました。

GDNディスプレイ広告バナーサイズ

※横×縦/ピクセルサイズ

サイズ
PC SP
300×250(PC/SP)★
336×280(PC)★
728×90(PC)★
160×600(PC)★
468×60(PC)★
320×50(SP)★
320×100(SP)★
250×250(PC/SP)
200×200(PC/SP)
240×400
250×360
580×400
120×600
300×600
300×1050
930×180
970×90
970×250
980×120
300×50

おすすめのGDNサイズ

はおすすめのサイズです。
※バナラボGDN7点セットは★のサイズです。

特に336×280は準備した方がよいといわれています。
336×280と300×250は同じ比率のため、先に大きいサイズの336×280を作成するのがおすすめです。それを縮小するだけで簡単に300×250が作成できます。

バナー容量

  • 150KBまで

拡張子(形式)

  • JPG
  • PNG
  • GIF

GDNレスポンシブディスプレイ広告

  • 1200×628
  • 300×300
  • ロゴ 180×180でOK(推奨1200×1200)
    ※ロゴは省略可

バナー容量

レスポンシブディスプレイ広告:5MBまで

レスポンシブディスプレイ広告における注意点

  • テキスト20%ルールあり
    文字の割合を画像全体の20%以内に収める(テキスト付きのロゴを含む)
  • 掲載面に応じて画像の両端がトリミングされる場合がある為(各辺最大5%)
    必要な要素はその中に収めるようにする

テキスト20%確認ツール

facebookテキストオーバーレイツール:
https://www.facebook.com/ads/tools/text_overlay

こちらのツールを使って、20%以内に収まっているかどうか確認できます。

バナー内必須要素

  • 主体者の明示

会社名、ブランド名、サービス名、商品名のいずれか
ロゴなどがない場合は「提供:〇〇」と画像内に記載してもOKです。
この記載がないと入稿時の審査を通りません。

バナーデザインにお困りの際は…

バナラボは、実績10年以上のベテランデザイナーが、バナーを作成いたします。GDNバナー作成にお困りの際は是非ご相談ください。

link_gdn0

きれいなバナー=(イコール)クリックされるバナーではない


デザインがステキなバナー、かっこいいバナー、今風のおしゃれなバナーが沢山クリックされるとは限りません。イコールではありません。逆に あえて少しダサいバナーや、素人っぽさを出したバナーのほうが良い反応がでることもあるのです。

ではどんなバナーデザインが良いのでしょうか。

バナーを制作する際にどんなデザインにしようかとバナーデザイン集を眺めていると、今トレンドのデザインや、洗練されたオシャレなバナーを見て、いいなぁうちのバナーもこんな風に…と思ってしまったりもしますが、ちょっと待ってください。デザインのイメージを安易に決めるのはNGです。

かっこよくてオシャレな今風バナーだけど、
肝心なことを伝えられていない。
サービス(商品)に全く合っていない。では意味がありません。

多くのバナーの目的は、
いかにそのサービス(商品)に興味のある人にクリックしてもらえるか です。(例外もあります。)

バナーを作る時に、まずこの基本を忘れずに念頭に置くことが大切です。


洗練された無機質なデザインではなく、その商品の良さが伝わる暖かみのあるデザインのほうが合っているかもしれません。

おしゃれなかごに野菜がきれいにまとまっている写真より、生産者の顔が映っていて、みずみずしい新鮮さがあふれているどアップの写真のほうが良いかもしれません。

デザイン次第で、その魅力を伝えることのできるかできないか左右されます。そのデザインが商品(サービス)とミスマッチでは何の意味もありません。

バナーのデザインを考える時に まず 、自社のサービス(商品)の魅力を最大限に伝えるには、どんなデザインが良いかを考えてみることが大切です。

バナーデザインの参考サイト集めました

バナーのデザインを考えるときに参考になる、バナーデザインのリンク集を集めました。

サイズ別、カラー別、業種別、テイスト別など、絞り込んで探すことができ、とても便利です。

社内でデザインのすり合わせをする際、外部にバナー依頼をする際など、言葉のみで希望のデザインを伝えてしまうと抽象的な表現になりやすいため、人よってはイメージに誤差が生まれてしまう場合があります。思い描いていたイメージを言葉で伝えることは思っていた以上に難しい場合があります。

参考デザインとしてURLを提示することでイメージの共有がしやすくお勧めです。



Retrobanner レトロバナー

http://retrobanner.net/別ウインドウリンク

  • サイズ、色、業種、テイストなどから探すことができます。
    バナーをクリックすると、そのバナーで使われている色も抽出することができます。

blog_img1



BANNER LINKS バナーリンクス

http://nonamedesign.info/banner/別ウインドウリンク
サイズ、カテゴリー、カラーなどから探すことができます。

blog_img2



バナーデザインアーカイブ

http://banner.keizine.net/別ウインドウリンク

  • サイズ、色、業種などから探すことができます。
  • バナーをクリックすると、下に同じサイズのバナーがランダムで表示されます。

blog_img3



BANNER MATOME

http://bannermatome.com/別ウインドウリンク

  • 業種別に加え、表現別に探すこともできます。

blog_img4

 

見やすいくて使いやすいバナーデザインのまとめサイトをご紹介しました。


一度の沢山のバナーデザインを比較して見れるのが良い所です。
同じジャンルのバナー、色使い、レイアウトなどデザインの参考になる部分が沢山あります。

眺めているだけでも楽しく、新たな発見もありデザインの勉強にもなります。
是非参考にしてみてください。