広告バナーのデザインを決める方法


広告バナーの作成をする際、どんなデザインにすればよいか分からなくなったことがありませんか?

今回は、デザインの決め方にフォーカスして、 バナーデザインを考える上でのポイントについて書いていきたいと思います。

広告バナーを自分で作るにしろ、社内で作るにしろ、外注するにしろ、まずはあなたがデザインイメージを決定しなければいけません。(プロに依頼する場合は、ある程度お任せや一緒に考える場合もありますが)

デザインを決めるときに、まずはバナーデザインのまとめサイトにいって参考になりそうなバナーを見つけようと思うかもしれませんが、参考バナーを探す前に、まずは自分の中である程度デザインのイメージを固めた方が良いです。

なぜかというと、最初にバナーデザイン参考サイトを見てしまうと、魅力的なバナーがあふれていて、なんとなくのイメージで選んでしまい、結果今回バナーに掲載する サービス ( 商品 )や本来のバナーの目的とデザインとで、ズレが生じてしまう可能性があるからです。

デザインを決める順序は、
まずは自分の中である程度のデザインのイメージを決める。
その次にそのイメージをより具体化する為、また自分以外の人にそのデザインのイメージを伝える目的で、 バナーデザインまとめサイトなどを利用するのが良いかと思います。

まず、自分の中である程度デザインを固めるにあたって、 どんな風に決めていったら良いのか、何を基準に決めたら良いでしょうか。

バナーデザインの決め方には色々な考え方があります。

バナーデザインを考える上でのポイント

ターゲット層からデザインを考える

今回の広告バナーの「ターゲット層」からデザインを考えてみます。

誰に向けてのバナーなのか、大きく分類して男性なのか女性なのか、
年齢は、20代なのか30代なのか40代、50代なのか。

まず、ターゲットが男性か女性かで性別が分かれている場合、デザインは大きく変わります。また20代女性なのか、40代女性なのか、ターゲットが年齢層で分かれている場合もデザインのイメージも変わります。

ここでは大まかに書きますが、
男性ならブルー、ブラック、グリーン、コントラスト強め、力強い、かっこいい、クール…
女性なら、レッド、ピンク、パステル、柔らかい、かわいい、きれい…
20代なら、若さ、原色、かわいい、はじける、ポップ、楽しい …
40代なら、落ち着いた、高級感、ハイクラス…
といった感じです。

また性別や年齢層が違っても、同じ趣味趣向のターゲットであればデザインイメージは同じでよい場合もあります。

例えば、「はじめての資産運用に興味を持っている20代~50代の男女」がターゲットの場合。性別も年代もバラバラです。
共通しているのは 「はじめて」の「資産運用」です。その共通することに着目してデザインイメージを考えると、ターゲットに向けての適切なデザインイメージが絞り込まれてきます。

初心者が持つ、資産運用という難しそう、ちょっと怖いというイメージを払拭するような、明るいカラーを使用し初めての方でも敷居を低くして入りやすいイメージします。フォントは明朝ではなくゴシックや丸ゴシックなどで、イラストを使って柔らかい雰囲気を出すのも良いかもしれません。

このように様々なターゲット層から、ターゲットに合わせたデザインを考えることができます。

ランディングページからデザインを考える

広告バナーをクリックした先には、ランディングページが必ずあります。
そのランディングページのデザインと、バナー広告のデザインが全く違うイメージのデザインであることはよくありません。(あえて戦略的に全く違うイメージになった場合を除く)

バナーデザインと、ランディングページのデザインのイメージが全く違うと、ユーザーを惑わせてしまい、違和感を感じたり、最悪の場合、信頼にも欠けてしまう恐れがあります。

既にランディングページができている場合は、基本ランディングページで使用している、 メインカラー、フォントと同じものを使って制作します。
そうすることによって一貫性のあるデザインとなり、ランディングページに飛んだ際もユーザーは違和感なく進むことができます。

このようにランディングページのデザインからバナーデザインを決定することもできます。

バナーの目的からデザインを考える

今回のバナーの目的は、ブランディング認知なのか、コンバージョンの獲得なのか、キャンペーン集客なのかなど、バナーの目的からデザインを考える方法です。

認知が目的で、ブランドが確立されている商品ならそのブランドイメージのデザインで作成したり、新商品の認知であれば、商品パッケージなどを前面に出し、商品自体の視認性を高め、また商品の特徴も大きく記載するなどして、商品のパッケージと特徴をセットで印象付けるようなデザインにする。など。

コンバージョン獲得なら、ランディングページ先で成約を狙うことが目的なので、バナーにもある程度の詳細情報を盛り込んで、 購入につながりそうなユーザーのみのクリックを狙ったデザインにするなど。

キャンペーン目的など、とにかくクリック数を多く狙うなら、いかにクリックされやすいようにボタンを目立たせたり、 インセンティブ(金額)を明確に記載することによってクリックを促したり、派手で目立つデザインにするなど。

バナーの目的によって、その目的を達成するためにはどのようなデザインが良いかといった視点でデザインを考える方法もあります。

過去のバナーの成果からデザインを考える

すでに 過去に同じ内容の広告バナーを出している場合は、過去のバナーデザインの成果からデザインを考えます。

バナーデザインの効果を測定するために、これまで複数パターンのデザインを広告に出していた場合は、どんなバナーデザインが反応がよかったかがわかってきます。

例えば、新米ママ向けの商品のバナーだった場合、お母さんの顔がメインに映っている方が良いのか、赤ちゃんのアップの写真の方が良いか、商品パッケージがメインに映っているバナーが良いのか。色は温かみのあるピンク系が良いのか、それとも商品パッケージに合わせたグリーン系の方が反応が良かったのか、コピーの種類や見せ方、レイアウトなども過去のバナー計測からわかることがあります。

計測のデータがある場合は、結果を活かして、次の広告バナーのデザインを考えていくことができます。

様々な角度からデザインを考えることができる

このようにバナーのデザインは様々な角度から考えることができます。

単に何となくのイメージで決めてしまうのではなく、色々な角度から見てそのバナーの目的に合った最適なデザインを考えていくことが効果的なバナーを作るうえで大切になってくるかと思います。

今後のバナーデザインを考える際の参考になれば嬉しいです。

バナーデザインにお困りの際は…

バナラボは、実績豊富なデザイナーがバナーを作成いたします。広告バナー作成にお困りの際は、是非お気軽にご相談ください。バナー作成依頼 詳しくはこちら >

SNSでもご購読できます。