バナー制作を外注する際の料金相場【2021年版】

実際にバナーが必要となったとき、リソースが足りない!作れる人がいない!と困り、でもバナーぐらいなら小さいしサクッと作れるんじゃ…とおもい、いざ自分で挑戦してみると、写真選定から始まり、レイアウトの決定、キャッチコピーの作成、効果的なデザイン、他にも細かいデザインやカラーの調整など、慣れていないとああでもないこうでもないと作り直したりして…思ったより時間も手間もかかってしまうものです。

それなりの技術を最初から学ばなければならず、
完成度の違いやバナー制作に費やす時間、費用対効果などを考えると最初から外注した方が良かったなんてこともあるかもしれません。

では実際に外注に依頼したときにどれくらいの料金がかかるのでしょうか。

この記事ではバナー制作料金の相場について書いていきたいと思います。
外注を検討する際の参考にしてみてください。

目次

  • 静止画バナー制作の料金相場
  • GIFアニメバナー制作の相場
  • 動画広告バナー制作の料金相場(SNS広告用などの短時間動画)
  • ディスプレイ広告などのサイズ展開バナーの料金相場
  • バナーデザイン費用以外にかかる料金(素材費、修正費用、コピーライティング費用、撮影費、ディレクション費、特急料金など)
  • まとめ

静止画バナー制作の料金相場

まずは最も使用頻度の高い基本の静止バナーです。
相場は3,000円~10,000円前後が多いようです。

バナーの内容や種類などによって料金が変わるというより、
料金の幅はサイズによるところが大きいようです。
縦や横のサイズが大きくなるほど高くなる傾向にあります。

ちなみにバナラボは、縦横の合計サイズが800px以内なら全て1点3,000円(税別)で制作しています。バナラボのバナー料金表はこちら

GIFアニメバナー制作の相場

続いてGIFバナーですが、GIFは連続した画像をパラパラ漫画のように繋げて再生したもので、動きがある分静止画タイプよりも目に留まりやすいのが強みです。それでいて素材などの用意も比較的簡単であり、表示させるスペースが狭いサイトでも存在感を出せることから人気が高いバナーです。

相場は7,000円~8,000円程度、高額になると1万円を超えてきます。
コマ数や動きによって変わってくる場合が多いようです。

バナラボでは 文字が点滅するだけや、画像が交互に入れ替わるだけなど、
2コマ程度の簡単なものなら一番安くて4,000円程度で制作可能です。

バナラボのGIFアニメバナーのメニューはこちら

動画広告バナー制作の料金相場(SNS広告用などの短い動画)

近年注目されており、これからもますます需要が高まりそうな動画バナーの制作です。

ここではYoutubeやfaebook、InstagramなどのSNSに流れてくるような、
15~30秒の動画バナーを対象としています。

動画制作は価格帯に大きく幅があり、
低価格なら3万円~
10万円~50万
50万~100万円…など本当にピンキリの印象です。

どんな動画にしたいか、アニメーションなのか実写なのか、撮影が必要なのか、モデルの起用、3DCGを使った演出、クオリティにどこまでこだわるかなど…
動画の内容によって大幅に料金が変わってくる為相場感が難しく、実際に問い合わせてみることが必須といえそうです。

最近では、テキストと画像などの素材を入れるだけで動画を自動生成してくる定額制の動画制作サービスもあるようです。

どのような動画広告が必要なのかをよく考え、それに合った動画制作サービスを探しましょう。

バナラボでは静止画バナーをベースにアニメーションの動きを付けたり、
次から次へとシーンや文言がわかるような動画バナーの制作も可能です。
簡単な動画なら3万円~ご相談可能です。ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

ディスプレイ広告などのサイズ展開バナーの料金相場

デザインがすでに決まっていて、同じデザインでサイズ展開したバナーが必要な際、上記の静止画バナー料金より安くなる場合がほとんどです。

デザインはすでに決定していて、そのデザインデータを元にサイズ違いを作成していく作業なので、一からデザインして作成するより工数も当然少なくなります。半額に設定していたり、複数セット価格で安くしていたりとサービスによって様々です。

バナラボではリサイズバナー(サイズ展開バナー)は一律1点2,000円(税別)で制作しています。

バナラボの場合はどんなサイズであってもリサイズバナーは2,000円です。例えば、300×250、1200×628の2サイズのバナーを注文した時は、
ベースのデザインを小さいサイズのほうの300×250 3,000円で計算し、
リサイズは大きいサイズの1200×628は2,000円で制作します。

一番小さいサイズで基本料金を出し、残りのサイズは全て2,000円で計算しますので大変お得です。

バナーデザイン費用以外にかかる料金

バナーデザイン費用以外にも料金が掛かるものがあるかどうかを
依頼する前にしっかりとチェックすることが大切です。
依頼した後に、追加費用が掛かる例もあります。

バナー制作料金以外にかかりそうな費用

■素材費
有料の写真素材、イラスト素材を購入する場合は、別途素材代がかかる場合があります。制作会社側で用意してもらえる場合もあるので事前に確認してください。

修正費
〇回まで修正無料と設定しているところもあります。
修正費用が掛かるのかどうか、また追加修正した際はいくらかかるかなども事前に確認しておきましょう。

※バナラボは2回まで修正無料(1回に複数個所可能/3回目の修正は前回の修正箇所の微調整程度なら無料対応しています)

コピーライティング費
バナーの文言をお任せしたい場合、別途コピーライティング料がかかる場合があります。

撮影費
バナーに使用する写真の撮影から入る場合。撮影をプロに頼む場合は撮影費用が掛かります。

ディレクション費
バナー料金に含まれるところも多いかと思いますが、
別途でディレクション費がかからないかどうかもチェックしましょう。

※バナラボはディレクション費はかかりません。

特急制作料金
急ぎで制作を頼む場合に、〇%など特急料金が別途かかる場合があります。

※バナラボは、当日制作でもなんと0円!追加料金はかかりません。

まとめ

バナー制作費用の大まかな相場を見てきましたが、
制作会社によっては、よくよく内容をチェックすると、追加料金が掛かったりオプションだったりする場合もあり、Aサービス、Bサービスと比較して一見料金が同じに見えても実は違った!なんてこともあります。

後々、追加料金となり思った以上に料金が膨れ上がることのないように、良くサイトを確認して不明な点は事前に問い合わせてしっかりと確認することが重要です。

そして十分に料金を確認した後で、はたしてこの費用をかけてでも外注した方が賢いのかを今一度考えてみることです。

たかがバナーされどバナーです。
小さいからといってその効果は侮れません。
思い切ってバナー制作のプロに外注してみても良いかもしれません。

よさそうなサービスにまずはお試しで1つ依頼してみて、気に入ったら専属の外注のバナー制作パートナーとして定期的にお願いするのも良いですね。

バナラボは1点からでもご依頼可能ですのでよろしければ下記からお気軽にお試しくださいね。

SNSでもご購読できます。